庭園

当会館の東南に拡がる面積260坪の庭園で、樹齢数十年の楠の大木に囲まれ、都会の喧騒とは切り離された別世界となっています。 中央の芝生の広場の周囲には枝垂桜や紅葉、サルスベリ、ツツジの刈り込みなど四季折々に色づく風情をお楽しみ頂く事ができます。庭園の東南隅には鎌倉時代の作と伝えられる七重の石塔があります。

食堂・ホール(大ホール)

このウィンドウを閉じる